眼鏡問題<2>

関連記事:眼鏡問題

焦点距離がもうひとつな眼鏡をどうしようかと思いつつ。
本筋ルートは眼科で処方箋取り直し→眼鏡屋でレンズ交換申請(保証内)ですな。

ただ、眼科が遠いのと「レンズ加工の問題です」とか言われてしまうと大変困るので、ウラを取るべく(笑)眼鏡屋に行った方がええかなあと考えてみたり。
まあきっと眼鏡屋は処方箋がないとなんともできませんと言うのでしょうけども。

そんな折り眼鏡屋からサンキューDMに続き、様子伺いの電話まで掛かってきましたよ。
えーと、マーケティング屋入ってるのか、一気に上位顧客にランクインしたのか、よほど妙な眼鏡つくったのかどれでしょうか(職業病;
…なので平日動けるときを狙って相談しに行きました。
お店に余裕があるときがいいよねー。

以下折りたたみ。

結果としてやはり本筋ルート。ですが、眼鏡屋はとても親切でした。
最初はモニタが見づらいのは単焦点から遠近に変更したからではないかとの及び腰なコメントで。
見え方ってのも、とても個人主観で扱いづらい商品なんだろうなあと思ったり。

分岐点は、普段コンタクト+遠近で不便がないのですよとコンタクト眼鏡を見せたとき。
コンタクト眼鏡の遠近度数を計り、現眼鏡では遠近の差がすくないとのこと。
遠距離を基準として(コンタクト眼鏡=遠0:近+3)(現眼鏡=遠0:近+2)と言った具合。
伝えづらい…(^^;
あと度数変更しても規格内なのを確認。

作り替えた場合のレンズはこんな感じです〜とテストセットで見せてくれてまでしても、処方箋がないとメーカーに申請できないもどかしさ(笑
処方箋の意義がちょっとゆらいだ(^^;売上に繋がる腕の良い眼鏡屋の方が真剣にヒアリングします。

仕方がないのでいろいろあって連休明けに眼科予約。

戦いは続く。

タイトルとURLをコピーしました