地下鉄運賃を考える

そう多くない通勤に地下鉄を利用しています。

で、前々から1日に3回地下鉄を利用すると1日乗車券を購入した方が安くつくのが気に入りません(笑
(主に利用する区間が250円で、1日乗車券は600円

「1日3回」は割とよくあることで、例えば帰宅途中に四条で飲むとか、植物園行った帰りに京都駅まで遊びに行くとか。
でも「結果として3回利用した」のであって、事前にわかりづらいのが困りもの。
窓口で買わないといけない上に、当日しか使えない切符ですし〜。
「改札を通した日付の当日終電まで」にしてくれたら何枚かストックしておくのですけど。

それはそれとして、知る辺との会話から、例えばPiTaPaを導入したらどうなるかなあと考えてみました(^^;

1303010-1.jpg 現在使用の交通カード類。
バス券・Suica・スルッとKansai・嵐電カード・トラフィカ京カード
(Suicaはペンギン目当てでわざわざ利用(笑

以下折りたたみ。

通勤や遊びでの1ヶ月利用額をちーんとはじくと、大体6〜7せんえんあたりらしいです。

なので、現在利用のトラフィカ京カード2枚分と比較します。
(↑3,000円購入で3,300円分使えるカード

・PiTaPaの割引額
1303010-2.jpg ※どうでもいいんですが、
↑この表記だとかけ算を先に処理するので変よね(^^;こまかい奴;
3,000円+(6,600円-3,300円)×0.9091=5,727.33

<結果>
カード名:利用額/支払額 
トラフィカ:6,600円/6,000円 
PiTaPa:6,600円/5,727円

んーギリギリPiTaPaの方がおトク(笑 乗車1回おまけのイメージかなあ。

○メリット
・持ち歩くカード枚数が減る!(チャージも併用したらPiTaPa1枚だけでいけるけどSuicaは使うわよ!笑)
・後払いなので残額を気にしなくていい

×デメリット
・後払いなので紛失危険
・申込みがクレジット審査

他に恩恵を受けそうな路線もあまり見当たらないのがイマイチ。
せいぜい旦那実家に帰省する時にわざわざ乗車券をPiTaPaで買うくらい?(めんどくさい;
むしろ、相互利用が広まったことで、旦那が利用すると交通費管理が楽な気がしてきました(笑

さてどうしましょう〜。

タイトルとURLをコピーしました